ブレインプログラミング2.0を読んだ(1) 〜自分がやりたいことをはっきりさせよう〜

本田健さんが、以前Podcastで紹介されていた書籍「ブラインプログラミング2.0」。

彼がメンターを依頼するほどの方、というお話を聞いて、どんな内容なのか気になりました。

たまたまAmazonで半額近くなっていたので購入して読んでみたところ、「これは良書だな」と思ったので、シェアしたいと思います。

著者について

ブレインプログラミング2.0の著者は「話を聞かない男 地図の読めない女」を書いたアラン・ピーズさんとバーバラ・ピーズさん。

 

この本ですね。懐かしい。

現在kindle unlimited対象になっているので、まだ読んでいない方は是非。(2018年11月26日時点)

 

10年程前に大ヒットした書籍を書いたこの二人は、一見順風満帆な人生を歩んできたように見えます。

しかし実は一時期全財産を失い、心身ともに非常に追い詰められた生活を送っていました。

そこから再び逆転劇を起こして再起するまでの実体験から、自分の夢を叶えるために必要な事を、分かりやすく伝えてくれています。

 

夢が叶う仕組み 〜君はRASを知っているか〜

この本の核となるキーワードに「RAS」があります。

RASとは、哺乳類の脳幹にある「網様体」という神経の集まりのこと。

この網様体が、外部からの刺激や情報を取捨選択し、脳に伝える役割をしています。

脳に伝わった情報をもとに、脳が思考、判断を行い、それに対する指示をRASに送ります。

するとRASはその指示を各神経に伝えつつ、同時にその思考や信念を潜在意識に浸透させる。そんな役割をしています。

ここで潜在意識に染みこんだ信念や願望、思考といったものが、RASが情報を取捨選択し、脳に伝える基準になっていきます。

外部からの刺激をどう受け取り、ふるいにかけるのか。その基準をRASが司っているわけです。

「世界は素晴らしい」という潜在意識への刷り込みが行われていると、外部からの刺激のうち、「世界は素晴らしい」と思えるものをRASがふるいにかけて脳に伝えるようになります。

その逆もしかり。

「世界は危険に満ちている」という潜在意識への刷り込みが強いと、何を見ても「危険だ」と思うものが目についてしまう。

人間の人生を左右するのは、このRASが何を潜在意識に刷り込んでいるか、なのです。

 

ということは、このRASに自分が望むものや信念を渡してやればいい。

どうやってRASに自分の夢や信念を受け渡すのか、本書はその具体的な方法が書かれています。

 

やることはかんたん「やりたいことリスト」を持て

では何をしてやればいいのか。

答えはしごくシンプルで「やりたいことリストを持つこと」。

自分が叶えたいこと、やってみたいことを全て書き出し、リスト化する事がなによりも大切です。

そしてそれを、常に持ち歩いて見返すことができるようにすること。

リストは常に修正し、内容を変えていって構いません。

大切なのはリストを作り、常にそれを持ち歩いて見返すこと。

自分が何をしたいのかという情報をRASに常に送り続ける事で、RASがそれを潜在意識に刷り込んでいく環境を作っていきます。

今の自分の現状は、100%自分が選択した結果だ

リストを常に持ち、自分のやりたいことを実行していく。

これって他の本でもよく言われていることです。とってもシンプル。

ではなぜこんなシンプルな事が難しいのか。

その一つに、「環境や条件のせいにして、やりたい事が出来ると信じられない」ということがあります。

これは本当によくある話です。

意識的にしろ、無意識にしろ、少なからず世間の常識に影響されてじぶん達は生きています。

「もう年だし」「失敗するかもしれないし」「上司がアレじゃな」「今の給料じゃな」とか。

周囲の環境や、条件のせいにして、自分がやりたいことにフタをしてしまう。

でも本当は、今の状況を作り出したのは他の誰でもなく、自分が選択してきた結果なのです。

今の状況がおかしいのなら、その状況を選択したのもじぶん。

その状況に対して、何もしないという選択をしたのもじぶん。

人生にはどうしようもないことも多々おこります。

そうなったとき、「自分が何をしたいのか」「自分に今何ができるのか」を考えて、むしろそこから利益を取る、くらいの覚悟が必要なのです。

 

長くなりそうなので、次回に続きます。

ブレインプログラミング2.0を読んだ(2) 〜自分のやりたいことをはっきりさせよう〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。