心配しすぎず、淡々と。自分を見つめ直すとき。

連日コロナウイルスの報道で、テレビもネットも情報が溢れています。

毎日相当量の情報が流れているけれど、「どうしたら治るのか」がはっきりしないということが、不安感を増大させている一番の原因だと感じています。

「分からない」事は人間を不安にさせる大きな要素の一つ。

医療機関や専門家の方が、今も毎日努力してくれていると思うので、その努力が一日も早く実ることを祈るばかりです。

現状僕らができることは、そう多くはなくて。

大勢の人と接触する機会はできるだけさける。

手洗い、うがいをきちんとする。

マスクを付ける。

くらいだろうと思います。目新しい物は何一つない。

今、できることを淡々とやっていく。これだけがすぐに、確実にできることなのだと感じています。

残念ながら犠牲者の方は出ているし、これからも増えるかも知れない。

経済への影響も少しずつ出始めています。

でも、人間は過去何度もこんなピンチを乗り越えてきたし、これからも乗り越えていけるのだと信じています。

対策は淡々と打ちながら、希望を持ち続ける。

今大事なのは、そんな「あり方」。

恐怖や不安が大きく出てきている、こんな時は自分を見つめ直すときでもあります。

本当に大切にしたいものはなにか。

家族?お金?仕事?生きがい?

自分が本当にやりたいことはなんなのか。

今の仕事?夢?

「人は誰でも死んでいく」

その事を意識させられた時は、同時に自分を見つめ直す時です。

普段は日常生活に追われてしまっていて、見えなくなっているもの。

積極的に外出ができない今だからこそ、自分を見つめ直すいい機会です。

心配しすぎず、淡々と。自分を見つめ直すとき。

そんなスタンスで、毎日過ごしていきたいものです。

こんな時だからこそ、希望を持ちたい。

「世界は少しずつよくなり続けてる」をもう一度認識するために、「FACTFULNESS」でも読んで過ごしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。