詩はなぜバカにされるのか?

職場で「お、詩的な表現だねぇ」という誰かのツッコミを聞いた。

からかいの常套句なのだけど、そもそも詩が、なぜそこまでバカにされるのか。不思議だ。

詩は好きだ。よけいな言葉がそぎ落とされて、大事なものだけが少しだけ残る。

少しだけ残ったその言葉が、強烈なインパクトを読む人に与え、心を動かす。

日本語は特に、詩に向いている言語だと思う。

もともとが、言外にあるものを表現するように作られている節があるから。

そんな詩が、どこか邪険に扱われているような気がして、うっすら残念に思うのだ。

詩はもともと、自分の意識と深く向き合ってはじめてできあがるもの。

自分と向き合うってことは、見たくない自分も見つめるってこと。

これが意外と難しくて、イヤな自分を見なかったことにしてる人がとても多い。

だから詩が書けない。

ハードルがとても高いモノとして受け止める。

そして、書けないものに対するうっすらとしたやっかみとして、 詩を紡ぐ人をどこか気取った人種のように言うんだろう。

ほんとうは、詩って生活の中に溶け込んでいるものだ。

流行の歌の一節   気に入った一言   座右の銘   自分の心にひっかかった言葉のかけら。

それは詩とおなじもの。

人の心を揺さぶる、数少ない言葉のかたまり。

高尚で、難解なものではなく、ほんとはうんと身近で、いつも心の中にあるものなのだ。

それぞれの人が、それぞれに大切な詩を、心の中に持っている。

あなたの大切な心の詩は、なんですか?

最近、とみにそれが気になるのです。

今まで詩に触れたことがない人は、こちらがオススメ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。