直感は知性を従える

効率的に、ロジカルに。

これは世の中を生きていく上で、死ぬほど刷り込まれた概念ではないだろうか。

仕事は効率的に、ロジカルに。

学校の勉強も効率的に、ロジカルに。

僕らはそうやって育てられてくる。

少しでも早く、多く。

常に全力で。

物心ついてから死ぬまで、その概念にさらされていく。

何事も効率よく、ロジカルにやっていれば、幸せになれる。

その「幸せの呪文」を握りしめて、唱えながら生きている人のなんと多いことか。

だけれど。

人生がそればかりでもない事を、みんな体感してもいる。

薄々気づいてる。

効率やロジカルを超えた、奇跡としか思えないこと。

理屈を超えた感情によって巻き起こされる奇跡。

理性や知性を超えたところにこそ、大事なものがある。

みんな気がついている。

効率やロジカルとはおよそ縁のない、原住民が残す言葉や文化が、なぜ人の心を動かすのか。

先進国の人達に比べても、幸せそうなのか。

効率だけじゃ、ロジカルだけじゃ足りないなにかが、ある。

それは、直感と言われるものだったり、霊性と言われるものだったり、ソースと言われるものだったり。

ロジカルにも説明できない、なにか。

誰にもわかるように説明がつかない、正義も悪も、美も醜も、正解も不正解もごちゃ混ぜにした、なにか。

だからこそ、信じられない人が多い。

知性と、それを超えた「何か」。

ここでは仮に、それを直感と呼んでおこう。

直感と理性。

人生でどちらかしか選べないとしたら、直感を選ぶ。

幸せに生きるために必要なものは、解散され尽くした結果じゃない。

偶然や想像を超えた出来事を楽しむ姿勢だから。

もちろん現実はここまで極端に分けられるものじゃない。

知性でベストを尽くしつつ、あくまで主導は直感。

やや直感ですぎちゃった、くらいがちょうどいい。

直感が理性を従える。

想像を超えた直感の声にビビりながら。

でもそれに従って生きていく。

デコボコした人生になるかもしれないけど、豊かさって、幸せって、そんな生き方にある。

大切なものを見失わないように生きよう。

人には説明のつかない力が、みんなに備わっている。

ただ、それを大切に。

そうやって生きてけば、幸せはもうある事に、気づくはず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。