就活ルールがなくなった件 〜働く事への意識が変わっていく〜

就活ルール、ついになくなりましたね。

随分前から形骸化していたから、自然の流れではあります。

今までインターンシップという隠れ蓑で先行していた就活が、 堂々と行われる可能性が高い、ということです。

経団連所属の大手企業から見れば、厄介だったルールがなくなったわけで。

中小企業からすれば、先に内定出しして、大手企業の内定出し時期に結局逃げられる、 というパターンもなくなるということ。

みんなで足並みを揃えて就職する時代も、終わろうとしています。

学生時代から起業する人も目立つようになってきたし、 学生の時からインターンシップで企業に入ることも当たり前になってきました。

一方で、卒業してからバックパッカーになって世界を放浪する人もいます。

それぞれが、大切なものを見つけて自由に人生を選択していける時代。

そんな時代の到来を感じます。

1つの企業に長く勤めるよさもあるし、 たくさんの起業経験を積むよさもある。

卒業してすぐ就職するよさもあるし、 就職しないよさもある。

「幸せな人生はこれ」といったテンプレートがなくなって、 それぞれが多様性にあふれた生き方が出来る時代が来ています。

これから社会に出て行こうとしている人には、 ぜひたくさんの選択肢に触れて欲しいなと思います。

時には常識を疑って、逆をいく勇気も必要です。

自分の気持ちに正直に、生きていける時代です。

勇気をもって、進んでいってほしいなぁ。    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。