何度診断を受けても変わらない・・・!! 性格診断理論「16Personalities」がすごい

性格診断。

今やビジネスにおいても、普通に取り入れられている手法。

就職試験で、性格適性検査を受けたことがある人は、多いと思う。

ビジネスでは主に、ストレス耐性や積極性についてを測定するものが多い。

この性格診断「当たらね〜よ」と思ってる方、正直多いのではないだろうか。

実際、じぶんもそう思っている節がある。

例えば自分が精神的に落ち込んでいるときと、とても機嫌のいい時では、

測定結果に大幅に違いが出る。

大枠の傾向値は把握できるが、かなりの変動差が出るのだ。

だから、あくまでこういった性格診断は「参考値」としてしか機能しない、

と思っていた。

だが、今回ご紹介する「16Personalitis」はすごい。

その人の精神状態や時間の変化に関わらず、結果が変化しない。

その人の持つ「コア」な部分を言い当てている。

16Personalities

「この16Personalities性格診断テストは、読者から非常に性格で、

「ちょっぴりゾッとする」、と言われています。」

という触れ込みのとおり、自分もちょっぴりゾッとした。

この16Personalities、どんなものなのか。

日本語の説明ページにも在るとおり、ユングの心理学的類型論をベースに、

性格分類論と特性論を組み合わせて作られたもの。

人の性格を16タイプに分けて説明している。

まずは、テストを受けてみよう。時間は10分もあればすぐにできる。

ここで出てきた性格タイプが、あなたの性格タイプになる。

「INTJ」とか、覚えづらい4文字が出てくると思うが、気にしないでおこう。

診断結果が表示されるから、その内容をじっくり読んでほしい。

「おぉ、そう言われれば当たっている・・・」と思うはずだ。

ちなみに、自分以外のタイプについての説明ページは、こちら

じぶんは約1年ほど前にこの診断を受けた。

その時出た結果は、「INFP」。「仲介者」だ。

なんだか恥ずかしいのは、なんでだろう。(笑)

直感型、理想主義、思考にふけるタイプ・・・当たってるな。

あまり認めたくないが、「当たってる」部分が非常に多かった。

が、しかし。

正直この時は「ふ〜ん」という感じであまり気にしなかった。

この診断も、他の診断とおなじで、自分の精神状態や

時間の経過で変化するだろうと思っていたからだ。

だから、あくまで「参考程度」という気持ちでその時はポイしていた。

ところが、最近ふと「16Personalitie」を思い出す機会があり、

「結果が違うだろう」との強い思いで再度受診をしてみた。

1年前と最近の自分は、環境も精神状態もまるっきり違う。

当然結果が違ってあたりまえだ。くらいの違いがある。自信がある。

なので、半分「性格診断なんてこんなもんだ」と思いながら受けてみた。

結果・・・

また仲介者かよ・・・!!

ちょっとゾッとした。

よくよく説明を読み返してみると、今の自分と照らし合わせても

やっぱり「あってる」と思う部分が多い。

人の精神状態に左右されずに結果が出る、という事に正直ビックリした。

このテスト、信頼できる。

皆さんも是非受けてほしいと思う。

ちなみにこのテスト結果は、一部が日本語化されているだけで、

もっと詳細な説明は、英語の説明ページがある。

英語力のある人、訳してくれないかな〜。

また、ここまで正確にタイプを特定できると、

当然タイプ同士の相性についても知りたくなる。

こちらもいくつか記載のあるページがネット上に存在していた。

ただ、データソースがはっきりしないため、

今回の記事にリンクを載せるのは控えさせて頂いた。

興味のある方は、ググってみてほしい。「16Personalities  相性」という

検索ワードで一発、だ。

最後になるが、性格診断は結局のところ「あくまで参考」。

同じ「INFP-仲介者」でも、見た目や育った環境、

細かい好みが違って当然。

「表現することが好き」という共通項があったとしても、

エッセイ書くのが好きな人もいれば、小説書くのが好きな人もいて、

詩を書くことが好きな人もいる。

「表現」という共通の概念で通じやすい、というレベル感で

お互いを理解しやすい、という事なのだ。

他社を理解するヒントや入口として、性格診断を参考に使ってみる。

そのスタンスで16Personalitiesを使うと、とても有効に働くはずだ。

ぜひ、お試しあれ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。