遊ぶことと仕事は、本当は同じだ

小さい頃はよかったなぁ。なんて思う事はないだろうか。

イヤな上司もいなかったし、やりたくない仕事もしなくていいし。

一日中好きな事をして、眠くなったら倒れるように寝て。

明日の心配なんて、何一つしなかった。

そんな子供の頃がよかったなぁ、と。

目的はただ「楽しむ」ことだけ。

お金をもらう事でもなく、褒めてもらう事でもなく、ただ、「楽しむ」事だけを目的に遊んでいた。

仕事の本質も本来はおなじ。

何事もいちばんは「楽しむ」こと。

それ以外はオマケ。

そんな気持ちで仕事に取り組めたら、そしてそんな仕事を選べるならそれが一番だ。

大切なのは、今やっている仕事に、自分の「ワクワク」や「好き」がどれくらい詰まっているか、ということ。

この量が多ければ多いほど、人は幸せだと言える。

一日中「仕事が楽しいなぁ」と思って過ごしている人と、「つまんないなぁ」と思って過ごしている人。

どちらが幸せかは、誰が見ても一目瞭然だろう。

仕事も遊びも、並列に、同じように扱って生きていけたら素晴らしい。

大人の世界で厄介なのは、仕事が生活やお金と結びついていること。

生きていくためには、とにかく働かないと。   お金を稼がないと生きていけない。

という信念が、根強くある。

目的が「楽しみ」ではなく「お金」にすりかわっている。

もちろんお金は大切だ。

お金があればできることも幅が広がるし、毎日を安心して過ごすことができる。

だけど、それ以上に大切なのは自分の「好き」や「ワクワク」することができているかどうか。

自分が何に「ワクワク」するのか。何をしてるのが「好き」なのか。

それをまず見つけることが必要だ。

ここでいう「好き」や「ワクワク」は、ただやってて楽しいだけ、ということではない。

大変だったり、嫌なこともあるけれど、結局やっちゃう。

やるとテンション上がっちゃう。

時間や苦労を苦痛に感じない。

そういうものが「好き」「ワクワク」のど真ん中だ。

そして、それは一つだけじゃない。

人は本来多面的な存在。

いろんな側面が寄り集まって、一人の人が出来上がっている。

「好き」や「ワクワク」を、絶対不変のたった一つのもの、なんて決めつけなくていい。

みんな仕事を大切に考えているけれど、一つしか選べないし、それが全てだ、なんてことはない。

子供は遊ぶことが楽しいけど、その中でも失敗する。

失敗してもまた遊ぶ。

そのうち新しい遊びを見つけたら次の遊びにすぐうつる。

楽しむためならなんでもあり、なのだ。

だから、完全無欠、唯一の、自分の仕事を見つけるのはもうやめよう。

その仕事にどれだけ自分の「好き」「ワクワク」が詰まっているかで決めよう。

仕事では満たさない、「好き」や「ワクワク」は、他の分野で満たせばいい。

今の仕事に「好き」や「ワクワク」がないのなら、自分の「好き」や「ワクワク」を仕事に持ち込んでみよう。

花が好きなら、職場に花を飾ってみるとかね。

そんな小さいところから「好き」を持ち込むといい。

で、仕事手を抜こう。サボろう。

好きなこと、ワクワクすることに時間使おう。

そうしてると、不思議と人生変わってくる。

仕事が遊びに、遊びが仕事に。

そんな状態になるのが理想的。

それが、自分を楽しんで生きることの最終形なのだろう。

仕事と遊びの本質は同じ。

「楽しむ」ことでつながっている。

「好き」と「ワクワク」を仕事と遊びであふれさせよう。

あ。

自分の「好き」や「ワクワク」がよくわからない、という方はライフセッションおススメです。(笑)

詳しくは↓から。   【ライフセッション受付中】 「あなたの心をゆるゆる軽くして、ワクワクが輝き出す」ライフセッションを実施中です。 詳細はこちらから。 ライフセッション申込

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。