チベット体操やってみた(4週目)

いよいよチベット体操も4週目です。

生活の一部に馴染むと、続けるのが当たり前になり、もはや何の苦痛もなく続けています。

4週目に入っての変化を、さっそくシェアします。  

回数は7回のまま

本来は回数を9回に増やすべき4週目。

ですが、7回のままキープすることにしました。

今の自分の体力なら、9回も可能です。

だけれども、微妙に身体に違和感がありました。

若干の「頑張ってる感」。

9回に回数を増やすと、恐らく途中でキツくなりそう。

7回で感じる「筋肉プルプル感」が、もう少しマシになるまでは増やさない方が賢明。

そう判断して4週目も7回を継続しています。

体操のスピードがアップした

7回を継続したことが功を奏したようで、知らない間に体操にかかる時間が短くなっていました。

体操中の感覚も、以前より「軽々と」体操をしている感じ。

身体を自分で動かしている感覚がとても強くなってきました。

「ぬぬぬ・・・プルプル」という感じから「シュッ、シュッ」という感じ。(どういう例えだよ笑)   一言で言うなら「様になってきた」というやつです。

相変わらず体操終了後の爽快感はあるし、止める理由が見当たらない状況です。

身体の細部が気になりだした

体操が様になってきたからでしょう、体操中の身体の細部が気になり出しました。

例えば第2の儀式の時の足の伸び具合。

youtubeのインストラクターさんの足はきれいに「シュッ」と伸びています。(どんだけ「シュッ」が好きなんじゃい)

自分の場合は膝が若干曲がってしまう。これが気になります。

足を「シュッ」と伸ばしたい。

「シュッ」と。(しつこい)   第3の儀式も、胸を反らせる範囲が狭く、きれいにエビぞれない。

第5の儀式も、同じくきれいにエビぞれないのであります。

結論、自分の身体の柔軟性の問題なのでしょう。

チベット体操を続けると、柔軟性も出てくるのでしょうか・・・?

もっときれいに、シュッと体操ができるように、チベット体操とは別に、ストレッチを始めようかと計画しています。  

体操中に別の事を考え始めた

これはあまりよくない事です。

今までは体操中に、身体と呼吸に意識を集中し続ける事ができていました。

回数も少なかったし、慣れていなかったこともあったと思います。

ところが回数が7回に増えたところで、数を数える事にも意識を向ける必要が出てきました。

気を抜くと、何回やったのか忘れてしまう。これはじぶんだけかも知れません。(笑)

そうすると、集中が切れてしまうらしく、心が別の事を考え始めてしまうのです。

「今日の晩ご飯なんにしようかな」「そういえば今日これやっとかないとだったな・・・」とか。

体操自体に慣れてきたこともあるのだと思います。

次週は9回へと回数が変化するので、また集中して取り組むことができるかもしれません。  

人は慣れる生き物。しかもじぶんは飽きっぽいところがあります。

そのため、少し変化を取り入れながら続けて行く必要があると感じています。

音楽をかけたり、回数カウンターを入れたり、少し工夫をしていく予定です。

結論:継続、継続。

4週目を迎えてすっかり様になったチベット体操。

やり終えた後の気持ちの整いぶりが面白くて、今後の変化にも期待しています。

そしてはよこいシンクロニシティ。(笑)

過去のチベット体操に関する投稿はこちら

チベット体操やってみた(1週間目)

チベット体操やってみた(3週間目)

  チベット体操とはなんぞや?という方はこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。