DMM英会話やってみた。 〜とにかく英語に触れてみる事が大事〜

英語が話せるようになりたい。

かなり多くの日本人が思っていることでしょう。

わたしもそのうちの一人。

英語ペラペ〜ラとか、憧れるわぁ。

なにか勉強を始めようと思いたったのですが、座学で学ぶのはナンカ違う。

やっぱり英語は使ってなんぼでしょう。

ということで、DMM英会話やってみました。

DMM英会話について

DMM英会話については、ほとんどの方が名前を知っているはず。

DMM英会話

TVCMもよく流れていましたしね。

「Skype」を利用して、世界中の講師の方と英会話レッスンができるというサービスです。

1セッションは25分。

その間どんな勉強をするかは自分で決められます。

プランはスタンダードプランとプラスネイティブプランの2つがあります。

その中で、さらに1日にセッション可能な数を決めていきます。

・スタンダードプラン

・毎日1レッスン ¥5,980 / 月

・毎日2レッスン ¥9,980 / 月

・毎日3レッスン ¥13,980 / 月

・プラスネイティブプラン

・毎日1レッスン ¥15,800 / 月

・毎日2レッスン ¥31,200 / 月

・毎日3レッスン ¥45,100 / 月

わたしは肩慣らしという事で、スタンダードプラン 毎日1レッスンを選択しました。

プラスネイティブプランは、英語がネイティブ言語の講師と勉強ができるのだそう。

一回受けてみたいです。

DMM英会話を受けてみて、感じた事

フィリピンの講師が多い

やっぱり、というべきですが、フィリピンの講師の方が非常に多いです。

自分が受講をしてみて、特に違和感を感じることはなかったです。

皆さんとても丁寧に講師をしてくれました。

受講中、時々ちっちゃなお子さんが登場したりして、英語で交流したりと面白いハプニングはありましたが、それはご愛敬。

だけどフィリピン特有の英語はあると感じました。

自分もうまく説明できるレベルではないのですが、やっぱりネイティブの人が話す英語とは少し違う。

よりレベルの高い英語を勉強したい場合は、ネイティブプランの方がいいかもしれません。

わたしは今まで微妙な講師の方に当たった事はありません。ラッキー。

何をするかは自分で決める必要がある

DMM英会話は決まったカリキュラムがあるわけではありません。

25分という英語オンリーの時間が与えられている、というイメージです。

そこで何をするのかは自由。

特に教材を使わずにフリーディスカッションしている人や、自分のプレゼンをチェックしてもらっている人もいるようです。

もちろん、DMM英会話が独自に準備している教材があります。

その中から自分のレベルにあった教材を使うのが、スタートしやすいです。

わたしはDMMさんオリジナルの「英会話」教材から使い始めました。

教材はディスカッション中心のものや、英単語を覚えるためのものなど、多数。

自分の英語レベルに合ったものを見つけるために、最初はいくつか教材を試してみて、自分に合ったものを見つけていきましょう。

先まで予約ができない

1日1レッスンの場合、予約したレッスンが終わるまで、次のレッスンの予約ができない仕組みになっています。

  相性のいい講師の方が見つかった場合、数日先まで予約したい、なんてことがあるのですが、これができません。

レッスンが終了した後は、必ず次の予約を忘れずにしておく事をオススメします。

特に土日は人気が高いようで、予約がほとんどできない日もありました。

結論:手軽、安価に英語に触れる環境が手に入る。勉強方法は自分で決めよう。

約4ヶ月ほどDMM英会話を利用していますが、英語オンリーの環境が、とても安価に手軽に作れるのは素晴らしいです。

skype起動したら英語の世界、という手軽さがいい。

英語との距離が一気に近くなるのは、ネットサービスならではだと思いました。

一方で、しっかりしたカリキュラムがあるわけではないため、自分なりの英語学習法を編み出す必要があります。

最初はフリートークで英語に慣れる、でもいいですが、より高いレベルを目指し始めると、教材を選定しての学習が必要になってきます。

DMM英会話に全て任せっきりでいればいいかというと、決してそうではないので注意が必要です。

色々と書きましたが、DMM英会話、いいサービスだと思います。

手軽に英会話を楽しみたい、勉強してみたいという方にはぴったりのサービスです。

そろそろ英語勉強してみようかな…というそこのあなた。

DMM英会話、やってみるといいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。