マインドマップを使おう 〜XMind編〜

マインドマップを長らく愛用しています。

アナログで「書く」事にこだわる人なので、会議の議事録や面接結果などに、よく使っています。

元々は「フォトリーディング」を勉強する中で身につけたやり方なのですが、自分にはフィットしまして。

もう10年以上使ってるかな。

ただ、なんとなくマインドマップをデジタルで作ることには抵抗があり、今まで手をつけなかった領域でした。

今回はふと思い立って、デジタルでもマインドマップを利用する事にしてみました。

利用ツールやら、使ってみた感想をシェアしていきたいと思います。

まずはxmindを使ってみた

マインドマップツールは結構たくさんあるのだけど、フリーで機能が使えるものはそう多くありません。

xmind

FreeMind

の2種類にあたりをつけて、試してみる事にしました。

Freemindはオープンソースなので、一番使いやすい製品だと思ってました。

だけど、xmindのインターフェースの方がキレイだったので、まずはxmindから使ってみる事に。

有料じゃないと、キレイなテーマは使えない

xmindのインストール方法は簡単です。

パッケージをインストールして、終了。

特に難しい操作も必要ありません。

使ってみた感じ:うん、いいですな。

シンプルなインターフェースで分かりやすい。

ファイルをDopBoxにおいておけば、いろんな環境から同時に編集もできますし。

ここで一点気がついたのですが、どうやらHPで見たオシャレなテーマは全部有料らしい。

Freemindとあまり変わらない、シンプルなテーマだけ無料で使えるようです。

ここは誤算でした。

あと、クリップアートや「Iconfinder」なる機能も有料のものなのだそう。

う〜む、使ってみたい。

操作感は必要充分

しばらくマインドマップを作ってみました。

特に躓くこともなく、ブランチを追加したり、伸ばしたりと簡単に操作することができます。

ブランチの入れ替えや追加も、マウスでドラッグ&ドロップするだけで簡単。

マニュアルを調べながら作成をする必要はなく、操作感は必要充分です。快適。

結論:デジタルには、デジタルのよさがある

XMindをしばらく使ってみて感じたのは、「デジタルにはデジタルの良さがある」ということでした。

特にマインドマップの修正ができるところが大きいです。

手書きでマインドマップを書いていると、後で「あ、ここは違うブランチにくっつけたいな」とか「ここは違うワードをのせたかったな」とか思う事がよくあります。

これを簡単に修正できるのが、デジタルマインドマップのいいところです。

修正したいと思ったら、すぐに修正できる。何度でも考え直す事ができるのは素晴らしい。

アナログの場合は、一発勝負、直感でブランチの上にのせたワードがいきなり輝く、なんてことがあります。

デジタルの場合は、推敲に推敲を重ねてマップが作れる感じです。

さて、今度はこいつをスマホからも作れるようにするお話しを。

続きは後日、乞うご期待ということで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。