記事に画像を埋め込む時に、気をつけること 〜必要な方法を、都度考えて選んでいこう〜

投稿を続けて、うっすら気がついていた事があります。

記事中に画像を埋め込んでいるけど、なんか小さくないか?

今までうっすら気づいていたのです。

だけど、めんどくさくて色々ありまして、後回しにしてました。

この辺でいっちょ記事への画像投稿について、調べてみようと思ったわけです。

そもそも、大きさを変えられるのか?

安直に思い立つのは、「画像の大きさを直接変えられないのか?」という事でした。

ちょちょっとググってみると、参考になりそうなページを発見。

知っとかないと、後から大変!? WordPressメディア設定と画像サイズのキケンな関係

このページをよく読んで、色々設定してみることにしました。

この記事は一連の連載っぽくなっているようで、紹介したページだけでは完全な回答ではないようです。

だけど、提示されている3つの方法を実際に設定して、一番しっくりくるものを採用すればいいんでしょ、と思い、片端からやってみることにしました。

まず今までの設定方法

まず今までやっていた設定。というか何もしていなかった設定。(笑)

どうやら「メディアを追加」画面から画像を選択スル際に、サイズの選択ができたみたい。

じぶんはこれを一切いじっていませんでした。デフォルトは「中」のようです。

これを挿入するとどうなるか。

こんな感じ。ちなみにこの画像はオリジナルが5000×3333。

敢えて巨大な画像をメディアライブラリに追加してみました。

何が写っているかは見えますね。普通に見えます。

だけど、文字なんかが入った写真だとちょっと寂しいし、細かい部分は見えないかも。という感じです。

これをなんとかしたいなぁ。

じゃあ大きくしよう

安直に、「じゃあ大きくしたらいんじゃね?」と思い、より大きなサイズを選択してみました。

ぬぬぬ・・・。

結構大きいですね。

アイキャッチ画像に使えるくらいの大きさです。

スマホだとかなり大きく見えるんだろうなぁ。

細かい文字が入るような写真は、これくらいが必要かもしれません。

あと、本格的に写真を撮影されている方とかも、必要かも。

だけどわたし、今はどちらも必要なしデス。

あぁ、ちょうどいい方法はないものか・・・。

じゃあサムネイルからの拡大〜♪は?

で、たどり着いたのが「リンク先」を使う方法。

サイズを一番小さい「サムネイル」にして、リンク先を「メディアファイル」にします。

こうすると・・・。

記事中は小さなサムネイルです。

だけどクリックすると、オリジナルファイルが出るように。

クリックして頂けると分かります。巨大なファイルが開きます。はい。

細かい情報がたくさんあるような画像を上げる場合は便利ですね。

ただ、できれば記事から別画面に遷移して、戻ってくるという導線はできるだけ少なくしたいところです。

考えどこですな。

結論:「中サイズ」をメインに。場合によって合わせ技で。

3とおり試してみた結果、じぶんは極力基本設定の「中サイズ」で画像を取り扱う事にしました。

大きな画像を貼り付けすぎると、サイトの表示スピードに影響してしまいます。

かといって小さな画像だと寂しいし、内容をリンクさせないと分からないものに。

なので、内容もある程度判別できて、サイズも軽量な「中サイズ」を基本使っていくことにしました。

ちょっと細かい内容を表示したいときは、「中サイズ」にリンク先設定をする事にします。

WordPressで画像をどう扱っていくかは、どんな記事を投稿しているか、どんなblogを作っているのかに大きく依存します。

皆さんがそれぞれ最適な設定を見つけて、ステキなサイトを構築でますように。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。