やりたいことは全部やろう 〜くるくる色んな事をやる〜

最近、やりたいことが多くなってきた。

いや、嘘をついた。

昔から興味のあることややりたいことは多い。

「あれもやりたい、これもやりたい」とどんどん興味が拡散していくタイプだ。

そのくせリスト化してみたりすると、その膨大さにげんなりしたりするのだから面白い。

こういう時、優先順位をつけて実行せよ、ということがよく言われる。

七つの習慣でも出てくる「緊急度」「重要度」の2軸での分類は有名だろう。

 

優先順位をつけて物事を進めていくこと。

それは突き詰めて考えると、一つのものに集中して、継続して取り組むこと。

それが素晴らしい、とよく教えられてきた。

職人さんが磨き上げた己の技や、プロのアスリートが見せる素晴らしい記録は、彼らの長く、膨大な研鑽の結果生まれたものだ。

私たちはそれを見て、驚嘆と賛頌の声を送る。

 

生きる情熱の全てを、一つの対象に注ぎ込めることの幸せ。

 

人はそういったものに元来憧れるものらしい。

自分も長らくそう思ってきたし、今も継続して取り組むことの素晴らしさがあると思っている。

そして同時に、今まで積み上げられたものがないということに悩んでもきた。

一つのものを続けて継続して、形として残すことはとても難しい事だ。

 

「あの人達のように、偉大な成果を残すなんて、自分には無理」そう思っていた。

 

けれども。

長らく一つの事に打ち込む人もいれば、複数を広く浅く組み合わせて、新たな価値を創り上げる人もいる。

この世は相対性の世界。

必ず対極にも意味があり、価値がある。

この際やりたいことを全てやってみよう。

かけた時間はかんけいない。

注いだ情熱の量だけが大切だ。

そうしていくことで、新しいつながりができてくる。

新しい「なにか」が生まれるかも知れない。

 

最近は、優先順位を付けることをやめた。

 

「今」やりたいことを、「今」「すぐ」やる。

飽きたり疲れたら、次をやる。

本を読む。blogを書く。断捨離。

神社に行く。カフェで作業する。

目標を書いてみる。プログラミング。

音楽を聴く。写真整理。英会話。

 

とにかくクルクルと、やりたいことを次々やっている。

 

何かを一つだけなんて決められない。

どれもこれも中途半端で構わない。

大切なのは、自分がいまやっていることが、どれだけ楽しいか。

情熱をもって取り組めているか。それだけだ。

 

結果が出る、出ないじゃなくて、自分が満足するか否か。

それだけ気にして動くようにしている。

 

そうすると、不思議な事に前よりできることが多くなってきた。

明らかに物事が前に進むようになっている。

たった一つを、丁寧に。継続して。

自分には、それよりも違うスタイルが合っているらしい。

出来ることを。全力で。情熱を込めて。

たくさんに。一時に。

 

入口は違っても、真実は一つなのだと思う。

 

何に、どれだけ情熱を注げるか。

 

それだけがこの世界を創り、それだけが世界を動かす。

最近うっすら分かりつつある。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。