amazonの欲しいものリストを公開してみた 〜氏名や住所は分かんないようにね〜

amazonのヘビーユーザーです。

通販と言えば、amazonか楽天市場か、くらいの2大巨頭ですが、じぶんはamazon派です。

どの商品を検索しても、大体底値で安く買える。そしてプライム会員なら配送料もかからないし、配送スピードも速い。

そして、kindleunlimitedやプライムビデオといったサービスも素晴らしい。

完全にamazonの生態系に取り込まれています。(笑)

その中でも便利に使っているのが「欲しいものリスト」。

「あ、これが欲しいな」と思ったその瞬間に、「欲しいものリスト」へ登録しておきます。

ほっとくとなんでもかんでもポチりそうになるので、一旦熟成期間を置くことにしているから。

amazonて便利だから、ついついやってしまうんですよね・・・。

しばらくたって見返してみて、「やっぱ買おう」と思ったらあらためて買う。

そんな使い方をしています。

で、長らく気になっていたのが、欲しいものリストの「公開」。

これを設定すると何が起こるのか。興味が出たのでやってみることにしました。

欲しいものリストを公開することで何ができる?

amazonの欲しいものリストを公開することで、心優しい人からじぶんの欲しいものを買ってもらえます。

いや、マジで。

自分のサイトへリンクを貼り付けてもいいし、知っている人にリンクを送りつけることも可能。

クリスマスが近いですしね。この際リアルサンタ探しもいいでしょう。

特定の人にだけリンクを知らせる、という公開方法も可能です。

詳細はこちらに詳しく書いてあります。

https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201936700

今回はフルオープンな公開リストを作成してみました。

心優しいサンタさんは、思いもよらないところにいるかもしれないですからね。

期待。

まずは公開用リストを作成しよう

ではでは、実際の手順を。

まずはamazon上にて「欲しいものリスト」を作成します。

いつもはリストを作成するときに「非公開」を選ぶのですが、今回は「公開」をポチ。

何やら見慣れない文章が下部に表記されますが、「リストを作成」を押しましょう。

「受取人の名前とEメールを使うよ。これはリスト見る人に公開されるよ。」という案内ですが、この情報は後で自分で設定しますので、今は流してOKです。

リストができたら細かい設定をしよう

さて、これでリストが作成されました。

続いてリストの設定にうつります。

リストの共有メニューの横「・・・」ボタンを押して、「リストの設定」ボタンを押します。

管理リストが表示されるので、上から順に設定していきます。

リスト名:好きな名前を入力します。

受取人:自分の名前が表示されていると思います。

この氏名が全員に公開されるので、必要に応じて変更します。

Eメールアドレス:こちらも公開されるので、必要に応じて変更します。

誕生月:自分の誕生月、誕生日を入力します。公開されるので、支障がある場合は入力しなくて大丈夫です。

サプライズする:これをチェックすると、プレゼントを買ってくれた誰かが出た時、注文がしばらくの間お知らせされません。

だからサプライズなのですね。こちらも好みでチェックする、しないを決めてよいです。

全てを設定したら、「設定を保存」ボタンを押して下さい。

これで公開リストができました。うしし。

ここで「リストの共有」を押します。

リンクが表示されるので、こちらをサイトに埋め込むなり、プレゼントくれそうな人に送るなりしましょう。

ここまでやって終了です。

やってみると意外に簡単だった

「欲しいものリスト」を公開するという作業、やってみると意外と簡単でした。

早速ですが、「欲しいものリスト」を公開しておきます。

としぽんの欲しいものリスト

さぁこれで、後はサンタさんを待つだけだ。

今年のクリスマスが楽しみです!!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。