まず、笑おう。 〜力を抜いて、楽しんでると道は開く〜

俺の夢は、笑う時間を長くすることだ。

「本田晃一」

 

 

本田晃一さんとクリスさんの動画を見ていて、深く納得した一言です。

 

じぶんにはやりたいことがあります。

 

割と明確にあって、それを叶えるためにあれこれ考えながら行動している毎日です。

 

なにがしたいのか、どこへ向かっていくのかはまた追々。

 

じぶんの人生とは、夢を叶えること。

 

無意識のうちに、そう思っていました。

 

けれど、大切な事を忘れてたな…と実感。

 

ハッとハートを射貫かれました。

 

夢を叶えることが目的なのじゃなく、夢を叶えて「嬉しい」「楽しい」という気分を味わいたいから、「夢を叶えたい」。

 

夢を叶えることで、まわりの人と楽しい時間を過ごしたい。

 

もともとの目的って、そこでした。

 

全ては「楽しみたい」「笑いたい」という気持ちから。

 

最近夢を叶えるために必死になってなかったか?

 

最近笑ったかい?

 

先の事ばかり考えて、かなりガチガチになってたなぁと思います。

 

「修行」に捕らわれちゃってて、「楽しむ」というワードを忘れてました。

 

 

「計画を立てることが重要」よくそう言われます。

 

確かに一理あるのだけれど、その前提として大切なのは、「物事を楽しんで進んで行く姿勢」なのだと思います。

 

「楽しむ」姿勢があるか、ないか。

 

自分が目指したものの結果がどう出るかは、予想がつきません。

 

よく分からない力が働いて、とんでもなくハッピーな結果になることもあるし、逆に「最悪」と思うような結果になることだってあります。(一時的にはね)

 

でも、その結果が出る過程を心から楽しんで進んでいられたら。

 

結果という一瞬の現象に振り回される時間は、とても少なくて済みます。

 

結果だけに注目するのではなく、そこまで至る道のり一瞬一瞬を全力で味わい、楽しめたか。

 

それが人生の「幸せ」の質を左右するのだと思うのです。

 

結果がどっちに転んでも、それまでが最高に幸せなら。

 

生きる目的は果たせた、と言えます。人生を最高に生きている、と自身を持って言えると思います。

 

物事を楽しむコツは、「過去」と「未来」をいったん置いておいて、「今」「この瞬間」の自分の気持ちを味わい、愛でること。

 

ユーモアの心をいつでも忘れないこと。

 

人生は遊園地のようなもの。一見安全装置が全くついていない、ジェットコースターのように思えます。

 

「お金がなくなったら生きていけない」

 

「人から嫌われたら生きていけない」

 

「仕事がなくなったら生きていけない」

 

そんな気持ちが楽しむ心をどこかに吹き飛ばしてしまう。

 

実は、思いきって乗ってみるとちゃんと安全装置がついてるんです。

 

大丈夫。

 

大丈夫。心配するな。何とかなる。

「一休和尚」

 

これに気がつくと、人生を楽に生きられます。

 

気がついていなくても、まず「楽しむ」事を大切に。

 

今日「楽しめる」事はなにかありますか?

 

今「楽しんで」生きること、できてますか?

 

自分にそう問いかけながら、日々を暮らしていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。